断乳のお話し【体験談】

子供の寝顔 子育て

今回は、次男の断乳までの道のりを話したいと思います。

「こんな断乳パターンもあるんだ~、ふ~ん」程度で読んでいただけたらいいなと思います♪

断乳したきっかけ

次男が2歳2か月の時に断乳を決意しました。

毎晩、夜中に1.2回は泣いて起こされるという感じでした。

その度に長男を起こしちゃったりすることもしばしば…

4月から長男の幼稚園始まるし、毎晩夜中に起こされてたら私も長男も寝不足だなぁ…

って友達にぼやいてたら、夜中の授乳をやめたら夜ぐっすり眠ってくれるよと教えてくれたので、長男の幼稚園が始まるまでに断乳をしようと決意しました!



心の準備

とはいえ…やっぱ授乳中って幸せなんですよ…

おっぱい飲んでる子供ってとっても可愛いんですよね♪

断乳するという事にちょっぴり寂しさもありました。

授乳中、息子の頭をナデナデしたり、「眉毛濃くなったなぁ…」「ここちょっとカサカサしてるなぁ…」「こんなところにホクロができてる…」とか…ママって授乳中に子供の健康観察や成長をチェックするんですよね。

そのスキンシップが無くなるという寂しさ…

まだまだ赤ちゃん扱いしていたいという親のエゴ…

一人目の時は成長が楽しみだったから「早く大きくなって」って思ってたけど、二人目は「大きくならないで~」って思いが強かった…

ママあるあるかな・・・・

断乳までの道のり

その頃ちょうど年末だったので、夫の連休も絡めて7日間計画で実行しました。

二歳ともなれば言葉も少し理解してるので「そろそろおっぱいはおしまいだよ~」と言い聞かせておきました。

・夜の授乳をやめてトントンあやしながら寝かしてみる

夜泣きしたらしばらく子守唄とか歌いながらトントンして寝かしてみる…

すんなり泣き止んで寝る時もあるけど、しばらくしたら思い出したかのように泣き出す。

泣いたらまたトントントン…

優しく声掛けしながらトントントン…

これの繰り返し。

最初は無理をせず、ずっと泣くようであれば授乳してもOKにする!

3日間で、これだけでもだいぶ成果はありました!

・パパと別室で寝かせる

4日目からは3日間パパと別室で寝るということをしました。

子供も察してる感じでした。(笑)

前半の3日間のトントン寝かしつけが功を奏したのか、別室作戦は一日目から大成功!

夜泣きせず朝までぐっすり寝てくれてあっさり卒乳しました。

 

夜泣きしてもお乳がない状態を作る!

ないもんは無い!!

ちなみに長男の場合は、生後10か月のある日、夜中に泣いたのでいつものように添い乳しようとしたら、息子が両手で押して拒否してきました。(笑)

そして、すぐ泣き止んで寝た…。

その日を境にあっけなく卒乳…

めっちゃショックーー(泣)

断乳をおえて

卒乳した時は正直悲しかったです。。。

この子が自然に「いらない」って言ってくるまで授乳してもよかったかな~って思ったり…

あんなに夜間授乳辛かったのに…

毎日フラフラで寝不足だったのに…

中々寝てくれなくてイライラしたり、一緒になって泣いたりした日々もあったけど、終わってしまえばほんと一瞬でした。

でもやっぱり!

朝までぐっすり寝てくれるおかげで私もだいぶ楽になりました♪

自分の時間が増えたので編み物したり、パン作ったり…

あ!大好きなビールを飲んだ時は

“めっちゃ幸せって思いました(笑)

以上、私の断乳ストーリーでした!

最後まで読んでくださってありがとうございまいた。

END



コメント

タイトルとURLをコピーしました